NPO法人 京都SEINEN 団
トップページへ
・京都SEINEN団のご紹介
・主な活動内 容
・ みわ・ダッシュ村と は?
・事務局アクセス
・ご入会 について

・節電・発電大賞
・ 2011 年度丹波猪:巨大捕獲オリのオーナー

・ギネス認定『22.9M巨大ブランコ』

・TOP

info@seinendan.com







京都SEINEN団の主な目的と活動内容

定款の一部抜粋よ り・・・・・・・・・目的と活動内容

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条 この法人は、あらゆる世代の人を主な会員対象者とし、これら会員の知識や経験を活かし、または新たに勉強し、一次産業、スポーツ、文化、環境、経 済、エネルギー等幅広く国民生活に関わる問題解決についてボランティア活動と実践を生涯の生き甲斐として行うことを主な目的とする。また、会員の活動によ り地域や社会の活性化を図り、豊かな地域社会の実現に寄与することを目的とする。さらに、会員のボランティア活動を通じて、貴重な経験、知識、智恵を次世 代に継承していくことにより自然や資源の大切さ、スポーツ、文化、環境、エネルギーの重要性を広く啓蒙していく。

(特定非営利活動の種類)

第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

第1項 自然を守り、育成していくための会員による実践とボランティア活動
第2項 放棄された農地や森林、地域を再生するため会員による実践とボランティア活動
第3項 河川に清流を取り戻すための会員による実践とボランティア活動
第4項 各種のスポーツと文化活動、環境保護活動、社会問題解決活動等を実践する。

第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。

第1項 特定非営利活動におけるボランティア活動
1.林業ボランティア
2.農業ボランティア
3.漁業ボランティア
4.その他のボランティア

第2項 一般の非営利活動
4.酒類の製造、販売に関する事業
5.農地を取得または借地しての農業経営事業
6.過疎地や中心市街地の活性化事業
7.その他、本法人目的達成に必要な実践、教育、研修、催事を含む事業。

・・・・・・・・・等 々・・・・・・

  紹介ページにも記していますが、京都SEINEN団の活動目的は、団塊世代以上の人々が生き甲斐をもって活動を行うことにあり ます。主な活動の領域は大きく分けて次の二つに分けられます。
ボランティア・社会貢献活動
イベント等の広報活動
●現行実施してい るもの

1.山林・里山でのボランティア活動(京 都市右京区の嵐山北部、清滝地域)に年間で延べ500名程度の会員が参加しています。

2.「みわ・ダッシュ村などでの耕作放棄農地の開墾、復興への補助活動。農業や林業などに興味ある人 は、ふるってのご参加(会員へのご参加)を お待ちしています。

● イベント関係

1.著作物の発刊など
著作物に関しては、発刊事前にあらためてHP上でお知らせします。

2.講演・セミナーなどの研修活動
自治体などのシンポジウムにも参加。団塊世代の今後の生き方を提唱しています。

3.各種イベント・コンペなど